アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

新たな技術

右肩上がりのグラフにタッチ

私達の生活ではタッチパネルのモニターを使う製品が多くあります。
機器の操作がタッチパネル式になることにより、余計な外部入力機器を必要とせず、コンパクトに使用することが出来ます。
また、機会操作になれない人でもタッチパネルを利用することにより、直感的な操作が可能になります。
スマートフォンや携帯端末でもタッチパネルが採用され、より私達の生活にタッチパネルのモニターが浸透してきています。
銀行のATMは券売機といった場所でもタッチパネル式のモニターが多く採用されています。

■感圧式
タッチで操作できるモニターは実際に画面をペンや指で直接モニターに触れる事により操作することが出来ます。
これは、モニターに直接ペンや指を検出する機能が備える事で実現する事が出来ます。
指やペンで触れたかを検出するための代表的な方法として感圧式があります。
感圧式では、モニターに圧を書ける事によって、モニターの電圧が変動しそれによって位置を検出することが出来ます。
この感圧式の方法は多くの製品に使用されているため、利用する機会が多い方式といえます。

■今後の発展
タッチパネルを採用する事で、製品には様々な利便性を付与することが出来ます。
入力や操作を全てモニター上で行うことにより、ディスプレイと操作部分を一体化することが出来ます。
これにより、コンパクト化することができるようになり、携帯性能が向上します。
実際にスマートフォンや携帯端末では、操作をタッチパネルにする事により小型軽量化を成功させています。
タッチパネル方式の普及によって、製品の性能向上や利便性といった部分での発展が期待されています。

■市場の推移
タッチパネルはスマートフォンや携帯端末に使用され始めたことを皮切りに、爆発的に市場を拡大させていきました。
現在では産業機器の中でも大きな割合を締めるようになったタッチパネルですが、今後も需要の拡大が予想されています。
また、タッチパネルを採用した製品も次々に登場しており、より身近なものになっています。

オススメリンク

おしゃれなタッチモニター

それぞれの用途

検出方式は様々なものがあり、それぞれの利点を活かした製品作りが行われています。
抵抗膜方式では低コスト化を活かし、大型のパネルに利用する事が出来ます。
しかし、耐久性に問題があるため公共スペースでの設置には向かないといった問題があります。
そこで、静電容量方式を採用したパネRead more

4:3のモニター

更に便利に

タッチパネルの利便性を更に向上させるため、付属品の開発も行われています。
これにより耐久性に問題の合ったタッチパネルを保護する事ができます。
カバーレンズと呼ばれる、モニターに貼り付けて使用する製品があります。
デザインや強度も調整できるので、タッチパネルと組み合わせて使うRead more

タッチしてください

タッチ

指で直接調査をすることにより、直感的な操作を実現したタッチパネルのモニターが広く普及しています。
今までボタンを押して操作していた時とは違い、スムーズに操作ができるようになっています。
しかしその反面で幾つかのデメリットが存在しています。

ボタンで操作していた時とは違いRead more

関連リンク